電子書籍を個人で出版するには:自費出版とのちがい


 創作意欲のある人や新しいビジネスに興味がある人は「電子書籍を個人で出版する」ことに注目しているにちがいない。個人出版や自己出版、セルフ・パブリッシングなどと呼ばれている。ただ、ときどき、
「電子書籍の自費出版」
 という表現が見られるのは、少々疑問で、自費出版って言葉が定着しているから、わかりやすくはあるけれど、電子書籍は自分で出すだけなら、基本的に費用はかからない。

個人出版はアマゾンのKDPが代表

 電子書籍の個人出版が従来の自費出版とちがうのは、費用の面だけではない。電子書籍は個人で出版した場合でも、
「売れる」
 ということなのだ。従来の自費出版だと、よっぽど知名度や実績がある著者でないかぎり、できた本を無料で配るか、知り合いに買ってもらうというケースがほとんどだろう。それが電子書籍の場合は、商業出版された本とおなじように売れるんである。

 なぜなら、メジャーなネットショップがそういう仕組みを提供しているからだ。

 ○Amazon Kindle ストア
 ○楽天 KOBO ブックストア
 ○Apple app store
 ○Google Play

 などが代表である。なかでも、アマゾンのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)のサービスが提供されたことで、一気に広まった。

電子書籍なら見知らぬ客に手にとってもらえる

 Kindleストアっても、特殊なものではないんである。アマゾンには「本」や「ミュージック」といったカテゴリがあるが、そのひとつに「Kindle本」ってのがあるだけ。フツーに商品としてならんである。アマゾンというネット上で、いちばん大きな書店に。

 従来の自費出版だと、「書店にならべますよ」とうたっている業者もあるが、現実問題として、見知らぬ客に手にとってもらえる率は低い。アマゾンは検索結果で出てくる。

 例として、アマゾンを中心に話を進めてきたが、楽天だって、アップルだって同様である。これがどれだけすごいことかは、ビジネスの世界を知っている人間なら、用意に想像がつくだろう。そのことに対して、出店料とか看板料みたいなものは、いっさい不要だ。

 売上げが出たときに、ロイヤリティ(販売手数料)を払えばいいだけである。じっさいには、売上げから手数料が差し引かれて、支払われるといった形だ。
 
 
【関連記事】
 電子書籍制作で用意するもの:機材&アプリ編
 電子書籍制作にかかる費用:作業編