電子書籍制作で用意するもの:機材&アプリ編


 電子書籍を個人出版しようとしたときに、費用がかかるとしたら、どういった部分であるのかを見ていこう。

できあがりを確認するモバイル端末が必要

 まず、電子書籍の制作じたいにかかる費用ではないが、パソコン、ネット環境などの部分があげられる。ビジネスとして見るなら、これらも経費として見逃すことはできない。しかし、個人レベルでやるなら、べつに電子書籍を出さなくっても、パソコン、ネット環境を使うって人は無視していいだろう。

  ⇒ パソコンは使い古すより2年周期で買い換えるのがお得

 ただ、電子書籍を制作したあと、仕上がり具合をチェックする端末は、できれば、用意いた方がいい。

 アマゾンのKDPを例にとると、これじたいは、Kindleというアマゾンが出している電子書籍リーダー(端末)用のストアなのね、本来は。世間では、誤解している人も多いんだけど、Kindle向けに作られた(つまり、KDPで販売されている)電子書籍は他の端末でも読める。

  ⇒ 個人出版はアマゾンのKDPが代表

 たとえば、アップルの端末であるiPadで電子書籍を読もうと思ったら、app store で購入したものを読むのが標準。だけど、ちゃんとiPad向けのKindleアプリが無料で出ていて、それさえあれば、iPadでKindle本が読めるようになる。

  ⇒ 電子書籍リーダーはタブレット端末がおすすめ

 アマゾンもアップルも電子書籍制作者向けに確認用のビューワー(パソコンの画面上で疑似的に端末の表示を再現するもの)を用意はしているけどね。

テキスト・エディタを用意しよう

 キミが本格的に電子書籍に取り組んでいこうとするなら、キミ自身が電子書籍を読む人にならなくてはいけない。小説家になりたいと言っているやつがいちども小説を読んだことないと聞いたら、
「アホか」
 と思うだろう。電子書籍を書きたい作りたいやつも同様である。電子書籍で読みたいのは小説かもしれないが、それは紙の本を読むのとは、またちがう体験なのだ。

 さて、基本的なネット環境させあれば、電子書籍制作に高価な機材やアプリの類は必要ない。紙と鉛筆のかわりになるもの、デジタルでの執筆環境さえ整えれば、それで原稿を書いて、あとで電子書籍として端末で読めるように変換するだけだ。

 執筆するのは、パソコンに入っているメモ帳の類でじゅうぶんである。できれば、テキスト・エディタを用意した方がいいけど。もちろん、iPadで執筆してもかまわない。
 
 
【参考文献】
 『ブログの書き方 稼ぐ文章と収入の作り方』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
【関連記事】
 電子書籍を個人で出版するには:自費出版とのちがい
 電子書籍制作にかかる費用:作業編