電子書籍のページ数はどのくらいが最適か


 本を1冊書いて出版しようというとき、文章量はどのぐらい必要なのだろうか。新書版などでは、一般に300枚と言われる。少なくとも250枚。10~12万字だ。これが電子書籍となると、少しちがう。

ページ数だけでなくファイルサイズにも注意

 電子書籍はデジタルデータだから、ページ数をどうするかは自由だ。1ページからでもOKだし、何万ページもあるものだって作ろうと思えば作れる(読んでもらえるかはべつとして)。

 1ページの本と聞くと、奇妙な感じがするかもしれないが、会議の資料なんかは1枚のPDFのこともある。あの感覚だと思えばいい。ただ、それを販売して、読者が納得してくれるか、という問題もある。

 現実には、電子書籍のページ数の下限と上限は発行するシステムに依存する。通常は、ページ数ではなく、データ量の形で決められている。画像データが多くなれば、そのぶんデータ量も多くなる。

 アマゾンKDPの場合、アップロードできる原稿ファイルの最大サイズは650MB。
 楽天KOBOライティングライフではEPUBファイルのみで100MB以下でないと、アップロードすることができない。

 こうして、あたえられた範囲内で、ページ数を決めることになる。アマゾンだと、その電子書籍を紙の本にした場合、何ページに相当するかということを独自に計算して、販売ページに表示している。

電子書籍は紙の本より短いページ数が好まれる

 電子書籍を個人出版する場合に、ページ数(文章量)をどうするかということは、読む側の意識とのかねあいがある。出す側がどうしたいかだけでは、商品として通用する電子書籍にはならない。

 現段階においては、電子書籍は紙の本より短いページ数が好まれるようだ。電子書籍オリジナルだと、数十ページ~100ページ前後のものが売れている。今後の技術革新しだいでは状況が変わるかもしれないが。

 Kindleなどの電子書籍端末が発売されてまもないころ、ユーザーは案外、年輩の人たちが多いことが話題になった。デジタル機器だから、若い連中が多いのかと思ったらそうでもなかったのだ。

 理由のひとつに、文字が大きくできるからというのがあった。文庫本などの文字が小さくて読みづらいという声は昔からあった。あとは本の収納場所を考えなくていい点も、本好きには利点と映ったのだ。
 
 
【関連記事】
 電子書籍を個人で出版するには:最初のステップ
 個人出版はアマゾンのKDPが代表
 電子書籍制作で用意するもの:機材&アプリ編
 電子書籍制作にかかる費用:作業編