Web記事の基本構成(リードや本文の文字数)


 Webメディアにおける記事のパターンはだいたい決まっている。そこで、重視されるのは、画像と見出しだ。画像がキャッチーさを担当し、見出しがSEO対策となる。

 この2つにくらべると、本文なんて、どうでもいい扱いだ。我々は本文こそが記事のおもしろさの源泉だと考えるが、読んでもらうには、画像と見出しが大事なんである。

文字数の配分の目安

 記事の構成はこのような形が多い──

「記事タイトル」(30~40字)
「リード」(200~300字)
「メイン画像」
「見出し」
「本文」(150~400字)
「画像」
「まとめ」(150~300字)

 全体が1000~1500字なら、「見出し」「本文」「画像」を数回くり返す。見出しの文字数に決まりはないが、記事タイトルよりは短いのが通常だ。

 対策キーワードが3~4つあるとして、記事タイトルには原則全部使うけど、見出しはそのうちの1つを使う感じだ。使わないところがあってもいい。

ライターの感想はまとめに書く

 リードは導入文とも言う。雑誌などでも、よく見かけるだろう。タイトルをかみ砕き、記事を要約する。そこだけ読めば、趣旨が理解できるように書く。

 ……つづきは↓電子書籍↓で。
 
 
  『Webライターの文章力 他人に読まれる書き方の基本ルール』
 
 
【関連書籍】
 『Web文章の書き方 SEOで集客する記事タイトルと見出し』
 
 
【関連記事】
 目標規定文の書き方と論文のテンプレートとして使える例
 リード文を書くときは目標規定文を活用しよう