鳥羽・伊勢志摩のカキ食べ放題で有名な山安水産

Pocket

カレンダーが「r」の月になると、食べたくなるのがカキ(牡蠣)ですね。瀬戸内とならぶカキの産地が伊勢志摩です。ここでは、食べ放題で知られる山安水産を紹介します。

鳥羽 伊勢志摩 カキ 食べ放題 山安水産




2000円で浦村かき(牡蠣)が好きなだけ食べられる山安水産

三重県鳥羽市にある山安水産では、ブランド牡蠣である伊勢志摩の「浦村かき」が食べられます。食べ放題・つめ放題などユニークなメニューがあります。

しかも、カキの食べ放題は2000円とリーズナブルです。みなさん、よく知っているようで、シーズン中はクルマがぞくぞくとやってきます。遠方のナンバーも散見されます。

カキは高級店でいただくのもおいしいですが、山安水産は野外のバーベキュー形式です。「浜焼き」と呼びますが、浜辺で焼くわけではありません(海のすぐそばですが)。

最初に代金を払うと、箸と皿と軍手、カキ用ナイフをわたしてくれます。

注意書き
「ナイフのおみや(持ち帰り)はおやめください。100円で販売しています」

カキの焼き方と注意点

食べ放題はセルフサービスで、カキめしとみそ汁もついてきます(食べるタイミングも自由)。ガスで焼く席と薪(まき)で焼く席があって選べます。


 (参照元:山安水産 | かき食べ放題・つめ放題

薪で焼く方が風情がありますが、ものすごく煙たくて、涙が出ます。サングラスかゴーグルがあるといいでしょう。爆ぜて、殻の破片が顔面を直撃することもあります。

カキは金網にならべ、殻がふくれてる方を下にして焼きます。開いたら中の海水捨て、網の真ん中に寄せ、水分がなくなり、黄味がかってきたら食べられます。

火が弱くなったら、薪を取りに行きます。ひとつたすだけで一気に火が燃え上がります。わからなければ、係の人が教えてくれます。
「そっち(の木)は燃えない。煙ばっかり」




持ち込み自由の山安水産

山安水産の食べ放題は自由度の高いのが魅力です。ドリンク、食材、調味料、持ち込みOKです。クーラーボックスに入れてくるといいでしょう。ドリンクは自販機もあります。

カキはおいしいですが、さすがにそればっかりだと、あきてきます。いろいろな調味料で味を変えるのがコツ。魚や野菜はアルミホイルで。近くに海の駅で買い出しもできます。

山安水産は「本店」と「パールロード店」があります。くわしい場所は、下のアクセスマップをご覧ください。

 ⇒ 山安水産 | アクセスマップ
 
 
※この記事は、山安水産のサイト(山安水産 浦村かきの国)の情報に、独自取材を加味して作成したものです。