アリとキリギリスとサラリーマン


 収入を得る、ということに関して、2つの考え方がある。
「努力に対する正当な対価として、お金を稼ぎたい」
 というものと、
「楽して、もうけたい」
 というものだ。一般的には、努力型が奨励されて、楽チン型を希望すると、
「世の中、そんなに甘くない」
 と叱責される。

 一般には、「アリとキリギリス」として知られるイソップ寓話がある(元来は「アリとセミ」だが)。夏のあいだ、働いて蓄えをしていたアリを横目に歌って、遊び暮らしていたキリギリスが冬に飢え死にする話だ。これには過労死ヴァージョンがあって、夏に働きすぎたアリが死んで、その遺産で、キリギリスが飢えずにすむ話だ。タテマエくさい説教に反発するジョークとしてはいいとしても、過労死はそう単純な問題じゃない。

 もとの寓話は、たんに「備えあれば憂いなし」という単純な内容ではなくて、
「ならば冬は踊って暮らせ」
 とキリギリスに冷たくしたアリの姿にこの世の真実が含まれている。現代風に、経済寓話ヴァージョンと作るとすれば、もう1匹、セイサクという虫が登場してくる。セイサクのもたらしたゼロ金利とインフレによって、アリの蓄えは蓄えとしての価値をなくし、いわば腐って、キリギリスとともに死ぬ。

 新しい寓話を作るにせよ、現実をうつすことだけを目的としてしまうと、アリやキリギリス(もしくは、セミ)である人々がどう生きればいいかというヒントにはならない。じつは「楽して、もうけたい」生き方をキリギリスのような音楽家、つまり、不労所得のイメージで語るところに落とし穴があって、アリのような会社員(もしくは、奴隷)にも楽してるやつはいるし、努力型のアリやキリギリスでも正当に評価されるとはかぎらない。

 我々の提案は、キミがこの先、
「努力に対する正当な対価として、お金を稼ぎたい」
 のか、
「楽して、もうけたい」
 のか、方針をハッキリさせた上で、これかの人生を計画した方がいいということだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください