サブスク初心者は人気の高いAmazon PrimeかApple Oneを申し込むのがいい理由


サブスクを利用すれば、音楽や動画配信といったコンテンツをはじめ、さまざまなサービスがお得な料金で楽しめるようになります。加入しない手はありません。

しかし、乱立するサブスクの中から自分に合ったサービス(業者)をさがすのは迷うもの。ここでは初心者におすすめのサブスク、Amazon Prime(アマゾン プライム)やApple Oneの利点を紹介します。

◎Chec Point◎
・そのまえにサブスクってなに
・最新映画やオリジナルドラマも見られる
・サブスクを利用する上での注意点は?
・動画を見る以外にもいろいろお得
・ファミリーでの利用ならApple One
・サブスクの第一候補はAmazon Prime

そのまえにサブスクってなに

個々のサービスの説明のまえに、「サブスク」とはなんなのか簡単に説明しておきます。サブスクはサブスクリプションの略で、定額制の料金で利用できるサービスのことです。

たとえば、家で好きな映画が見たいとなったとき、レンタルショップでDVDを借りるか、ネットで動画配信されているのをさがして視聴するのが一般的です。

そのさい、1作品につき約200~300円の料金が発生します。これがサブスクだと、500~1000円程度の月額料金さえ払っていれば、あとは見放題です。追加の費用は発生しません。

このような定額制をサブスクと呼びます。他にも車の利用や食品の定期配送などなどさまざまなサブスクがあり、何種類ものサブスクに加入している人が大勢います。

最新映画やオリジナルドラマも見られる

多くの人にとって、利用頻度が高いのが動画配信の視聴でしょう。ネットフリックスやアマゾン プライム(略称・アマプラ)やなどいくつもサブスクがあります。

各サブスクで配信内容を競っていて、最新映画や放送中のテレビドラマが見られるものもあります。従来のテレビ放送とちがって、住んでいる地域は関係ありません。

また、海外作品や地上波では放送がむずかしいような作品も豊富にラインナップされており、オリジナルドラマやヴァラエティも積極的に制作・配信されています。

さらにおすすめな点は、古い映画やアニメ、特撮ドラマが見られることです。レンタルショップでは人気のない作品はすぐ消えますが、サブスクはマニア向けも充実しています。

サブスクを利用する上での注意点は?

サブスクは定額料金さえ払っていれば、感覚的には「無料(タダ)」で動画が何本でも見られます。が、利用しない月があっても、毎月料金が引き落とされます。

また、サブスクでは、映像作品などを「所有」することはできません。いつでも「利用」できますが、退会したとたん、アクセスできなくなってしまいます。

どのサブスクを選ぶか決めるときにも注意が必要です。サービスによって、見られる動画に差があるからです。見放題となる動画のラインナップがそれぞれちがいます。

したがって、自分に合ったサブスクを選ばないと、見たい動画があまりない、ということにもなりかねません。お得なはずの定額料金が逆に損になってしまいます。

動画を見る以外にもいろいろお得

初心者の場合、利用してみなければ、いいか悪いか、自分に合っているかどうか、なかなかわかりません。迷ったときは、月額500円のアマゾン プライム一択です。

Amazonはだれでも知っている有名企業で、安心感があります。ネット通販の代名詞というだけあって、品ぞろえも豊富です。サブスクで見放題になる作品も充実しています。

ここまで動画を例に説明してきましたが、アマゾン プライムに加入すれば、追加料金なしで、聴き放題になる音楽配信や読み放題になる電子書籍など各種サービスが利用できます。

おまけに、通常のAmazonでの買い物でも、お急ぎ便が無料で利用できたり、セールでのポイント還元が上乗せになったり、定額料金のもとをとって、お釣りがきます。

ファミリーでの利用ならApple One

ネットフリックスやU-nextはアマゾン プライムほど広範囲なサービスはありません。オリジナルドラマがどうしても見たいとか、ハッキリ目的があるときに加入するとよいです。

アマゾン プライムに近い網羅型のサブスクにApple Oneがあります。こちらも超有名企業である上、iTunesやBookといったアプリ通じて、音楽や電子書籍にも力を入れています。

Apple Oneがアマゾン プライムより優位に立つ点として、ファミリーでの利用があります。家計を一にする家族がいる場合、Apple Oneの方が断然コスパがよくなります。

Apple One ファミリープラン月額1850円。これだけ見ると、アマゾン プライムより高いですが、自分の他に5人招待できます。これを使えば、1人あたりの値段がグッと安くなります。

サブスクの第一候補はAmazon Prime

ここまで見てきたように、サブスクをはじめるなら、まずはアマゾン プライムがおすすめです。人気の高さを見ても、満足度の高い利用者が多いことがわかります。

アマゾン プライムをベースにおき、あとは自分のライフスタイルや趣味に応じて、他のサービスの追加を検討するというのが最も効率がよいかと思われます。

なお、学生の場合は、半額でおなじサブスクを利用できるPrime Student(学割)がありますので、忘れずにチェックしてください。しかも、加入から半年は無料で利用できます。

 ⇒Amazonプライムの詳細
 ⇒Prime Studentの詳細