明快な文章の書き方──災害時のLINEやSNSに学ぶ

eye-catch_default

文章を書くときには、明快に(=わかりやすく)書くということが鉄則だ。とくに、事実を伝える文章においては、読み手が誤解しないように書かなくてはならない。 では、具体的にどういった点に気をつければいいか。事実の伝達が命にかか 続きを読む 明快な文章の書き方──災害時のLINEやSNSに学ぶ

目標規定文の書き方と論文のテンプレートとして使える例

eye-catch_default

 目標規定文から論文を書きはじめるよう指示されることがある。我々は論文以外でも、目標規定文の有効活用を推奨したいが、ひとまず調査報告や原著論文での書き方を示す。  なお、「目標規定文」はロングセラー『理科系の作文技術』か 続きを読む 目標規定文の書き方と論文のテンプレートとして使える例

Web記事の基本構成(リードや本文の文字数)

eye-catch_default

 Webメディアにおける記事のパターンはだいたい決まっている。そこで、重視されるのは、画像と見出しだ。画像がキャッチーさを担当し、見出しがSEO対策となる。  この2つにくらべると、本文なんて、どうでもいい扱いだ。我々は 続きを読む Web記事の基本構成(リードや本文の文字数)

書評の練習課題:文学全集から5作品選んで紹介する

eye-catch_default

 文学全集は1冊に複数作品が収録されているから、「5冊」ではなく、「5作品」としてある。身近に文学全集がなければ、 「○○文庫のおすすめ5冊」  でもいい。複数作品をまとめて紹介するのは、ブログや新聞の書評欄でもよくある 続きを読む 書評の練習課題:文学全集から5作品選んで紹介する

書評が悪しきオタク的文章の書き方になっていないか(3)被害妄想

eye-catch_default

 悪しきオタクは自分以外のものを敵味方に分けたがる。じっさいの敵ならまだしも、相手にそんなつもりがなくても、勝手に自分や自分の好きなものが攻撃されたと思って反発する。一種の被害妄想だ。  たとえば、スタジオジブリの宮崎駿 続きを読む 書評が悪しきオタク的文章の書き方になっていないか(3)被害妄想

書評が悪しきオタク的文章の書き方になっていないか(2)瑣末的

eye-catch_default

書評が悪しきオタク的文章の書き方になっていないか(2)瑣末的  オタク的と聞いて、すぐさま思い浮かぶのは、重箱の隅をつつくような、こまかいことにこだわる態度だろう。それがプラスになることもあるが、悪しきオタクはそれをとん 続きを読む 書評が悪しきオタク的文章の書き方になっていないか(2)瑣末的

書評が悪しきオタク的文章の書き方になっていないか(1)自己中心的

eye-catch_default

 自分でオタクだと思っている人も思ってない人も、オタク的文章を書く危険性がある。オタク的なのがすべて悪いわけではなく、良い例としては江戸川乱歩の『幻影城』その他の評論がある。ここでは悪い例を挙げる。  最初に、オタク的と 続きを読む 書評が悪しきオタク的文章の書き方になっていないか(1)自己中心的

投票的感想とレビューのちがい

eye-catch_default

 レビューというのは、推薦文である。「オススメ」である。それがなぜオススメかという理由を書く。その理由として、内容面はもちろんだが、「こういう私だから」という情報が重要になる。そういう意味で、レビューは批評よりは、エッセ 続きを読む 投票的感想とレビューのちがい