『企画書の書き方 ワード文書1枚にまとめる構成法』【電子書籍】


 企画書には2種類ある。「見せる企画書」と「読ませる企画書」だ。

 「見せる企画書」はパワポ(PowerPoint)などを使ったヴィジュアル重視のもので、主に会議のプレゼン資料や取引先への提案書に使われる。

 一方、自分のやりたいことを伝えるのが最優先という場合は、「読ませる企画書」になる。ワード(Word)でA4文書1枚にまとめようというのは「読ませる企画書」の方だ。

 ちがいはどこにあるかというと、「見せる企画書」の方は説明する人間(企画者や担当営業)がそばにいるということである。この場合、あんまり安っぽい企画書だと、
「バカにしてるのか」
 と疑われる危険性がある。

 逆に、「読ませる企画書」の方は手わたすだけでも、サッと目を通してもらえる。出版社に本の企画を持ち込むなんてときも、1枚にまとめてメールに添付するところからだ。

 中身がない企画書で、ヴィジュアルにばかり凝ってもしかたがない。それに中身がちゃんとしていなければ、見せる技術も、ひとりよがりになってしまう。伝えたいことが先にあってこその演出だ。
…続きを読む

  『企画書の書き方 ワード文書1枚にまとめる構成法』 ⇒ 詳細はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください