Mac Book AirとProのちがいがわからぬWindowsユーザーはAirを買え


 iPhoneやiPadを購入したことで、パソコンもMacに乗り換えようかと考えているWindowsユーザーも多い。

 デザイン関係の仕事をしたい場合はべつにして、Macならノートパソコンがいいだろう。このとき、商品カタログをながめても、

 Mac Book Air

 と

 Mac Book Pro

 のちがいがようわからん、となりがちだ。

 もともとは成り立ちがちがうのだが、技術の進歩により、ハッキリ言って、大差なくなってしまった。

「そんなことはない。Proはここがいい」
「Airはここがものたりない」

 とウンチクを語れるヘヴィユーザーでないかぎり、気楽にAirを選ぼう。

 Windowsになれていると、似たようなスペックのMacの値段に驚く。高給取りでないなら、中古を買う選択肢もありだ。

 パソコンの賢い購入方法としては、新品にかぎるのだが、使ってみて、やっぱWindowsにもどそうなんてことになる可能性を感じるなら、最初だけ中古で導入してみる。

 で、Macを愛する人間はここにホレるのだな、と虜になるころには、他人がとやかく言わなくても、新品が欲しくなるだろう。

 知ってると思うが、いまはMacでもOffice系ソフトは使えるし、Macの代名詞だったアドビ系ソフトはWinで使える。

【関連記事】
 パソコンは使い古すより2年周期で買い換えるのがお得


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください