ライトノベルの書き方:超初心者向け


 これからライトノベルを書いてみようと思ったときに、なにからすればいいのか、書くまえに知っておいた方がいいことについて話していく。まずは、ライトノベルという小説ジャンルの特徴について。

ライトノベルはフツーの小説とどこがちがう?

 じつは、ライトノベルとフツーの小説(ライトノベルとは呼ばれていない小説)のあいだに、ハッキリした区別は存在しない。ある時期から増えだしたある傾向をもった小説のことを「ライトノベル」とか「ラノベ」とか呼ぶようになっただけで、「この条件を満たせば、ラノベ」といった決まりはない。

 じっさい、ライトノベル系の賞を獲ってデビューしたあと、フツーの小説を書くようになった作家たちもいる。

マンガの小説版みたいなもの

 しかし、本屋に行くと、ライトノベルというジャンルはハッキリしていて、コーナーがもうけられている。そして、見た目に明らかなのが、ライトノベルの表紙は、マンガというかアニメ調のイラスト(いわゆるコミックイラスト)が描かれていて、たいていは挿し絵もついている。

 内容もマンガを文字にしたようなもので、ストーリーは会話を主体に進行する。描写がほとんどなく、地の文が少ないのが特徴だ。

好きな作家を見つけよう

 ひと口にライトノベルといっても、その中に、ファンタジーやSF、ミステリ、恋愛モノといったジャンルがある。好きな作品や作家を見つけて、自分なりのイメージを固めることが自分で書けるようになる近道だ。
 
 
【関連記事】
 小説の書き方:書きはじめるまでの7つのステップ
 ライトノベルの書き方:ジャンルとしてのラノベ
 ライトノベルの書き方:主人公の設定


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください